こころからだあたま。 Kindle
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
「NHKニュースで英会話」のバックナンバーでe-learning可能です。

ニュースで英会話のバックナンバーサイト
ニュースで英会話

以前、会社のe-learningで、Global Englishという有料サイトを活用したことがありますが、この無料サイトもなかなかです。

以下、簡単にそのやり方です。
聴きたいニュースの日付をクリック。
再生速度は、2段階で調整可能です。
スライド2

たとえば、ニュース本文で学ぶをクリックすると、、、
スライド3

英語のセンテンス毎に、リスニングの確認が行えますし、問題なんかもできます。
スライド4

これが無料だなんてすばらしい。
やる気さえあれば、お金をかけずに勉強できる時代なんですね~。。。
そのやる気がなかなか出ないのが問題なのですが。。。
スポンサーサイト
2012.11.03 Sat l Kindle l コメント (2) トラックバック (0) l top
先日、Kindleの不具合について、記事にしました。今日は、その続き。

新しいKindleが送られてきましたが、30日以内必着で返送しないと、料金を請求されてしまいます。
ということで、早く返送しなくては・・・と思ってたのですが・・・

ここで最大の難関が待ち受けてました。

なんと、郵便局のEMSが使えない~!
理由は、「リチウムイオン電池内臓製品だから」だそうです。
Kindleだけでなくリチウムイオン電池内臓製品は、EMS含め、多くの運送業者の航空便では送れなくなってしまったんですね。(パソコン、デジカメなんかも。)

そんな事情、初耳だった私。
郵便局員の方に、「Kindleはリチウムイオン電池ですか~?取説は持ってますか?」と聞かれ、、、
知らないふりをしていたら、なんとか送れないだろうか・・・とダークな心が芽生えたのですが、
郵便局員の方が、親切にネット検索してくれました。
といっても、「ブログ記事」の検索なのですが。。。いいのか、郵便局員!?

郵便局員の方の発言がめちゃ面白かった。
 「Kindleが郵便局で送れなかった、ってブログ記事、たくさんひかっかってきますね~。みんな苦労してるみたいですよ」
 「あっ、でも、1人だけ奇跡的に送れたって書いてる人いますね~」
 「って、ぼくの立場で、ブログ検索なんかで対応していいんですかね~」

で、「結局、どうなのか、ご判断してください」と聞くと、「やっぱりダメですね」との返事。ここまで長かった。

でも、親切に、「自社便を飛ばしてるUPSなら送れるみたいですよ。みなさんのブログ見てると、UPSで送れてます」と教えてくださいました。

→UPSの店舗検索はこちら←

私は、会社の近くにあるMBE(メールボックスエトセトラ)でUPSの取り扱いがあったので、昼休みを利用して無事返送できました。

MBEの店員の方は、Kindleの返送に馴れてて(そこまで馴れるくらい、返送多いのか!?)、
「Kindleだったら、普通、返送用の伝票お使いじゃないんですか~?」なんて聞かれたくらいです。
「自分で支払って後でかかった額を支払う」と書かれているメールを見せると、「そういうこともあるんですね」と言われました。

・リチウムイオン電池は爆発の恐れがあることから、テロ等の警戒が強まり、自社便を飛ばしているUPSでないと送れないこと
・国際郵便の規制は厳しく、少し送るのでも、ものすごい書類を作らなくてはならないこと
などの苦労を教えてもらいました。

そういえば、昨年11月に、海外在住の友人の航空便を送ろうとしたら、「450g以上のものは船便しかダメです」と郵便局の方に言われましたが、いろいろ厳しくなる一方ですね(ちなみに、450g制限は、解除されたみたいですが。)。

私は、海外に姉妹がいるのですが、往復にしても、物の送付にしても、”空の便”に頼ることを意味しており、テロや国の関係に何かが起こったときは、不都合を生じるのだなぁとつくづく思いました。
島国日本で海外に住むというのは、それなりに覚悟がいることなのかも。


さて、この話はさらに続きがありますが、それはまた後日。

2011.02.20 Sun l Kindle l コメント (0) トラックバック (0) l top
Kindle、こわれました。
画面の左隅1/5くらいしか機能せず、残り部分はフリーズしてページが切り替わらなくなりました(汗)。
PCにつなぐと中味は正常なので、電子ペーパーの表示の問題のようです。
ここしばらく忙しくて、あまり構ってあげられなかったからかしら・・・。

さて、ここからは、Kindleにトラブルが起こったときの対処法。備忘録として記します。

まず、Kindle トラブルシューティングにアクセスし。
”Screen Issues, Kindle screen frozen or Kindle unresponsive”の箇所の対処法を、できる限り試しました(ハードリセット、電池フル充電など)。
 ⇒ 復活の兆しなし・・・

自分で治すことは諦め、Kindle カスタマーサポートへアクセス。
トラブルの種類を選択すると、今回のケースでは、「電話」でのコンタクトが推奨されてます。
キンドル電話2

”Call us”をクリックして、電話番号を入れると、びっくりする早さで電話がかかってきました。

男性の方で、非常にてきぱきしていて親切ですが、「相手が日本人だからゆっくりしゃべろう」とかいうのはなかったです。日本にいる外国人の方がいかにいつもゆっくり、分かりやすくしゃべってくれてるかを実感する瞬間でした。
私の理解度に疑問を思ったらしく、何度も、"Do you understand?"と聞かれました(笑)。

なんとか主旨が通じ、代替キンドルを送ってくれることになりました。

長くなったので、続く・・・。
2011.02.05 Sat l Kindle l コメント (0) トラックバック (0) l top
Kindleを入手して2カ月強たちました。

本を読むだけでなく、メモ代わりにも重宝してます。
生活に欠かせない、というか、一部になってます。

さて、メモ代わりの使い方の一例のご紹介。
料理のレシピは、今、インターネットでたーくさん公開されてますよね!
で、気に入ったレシピをワードにコピペして、Kindleに送るんです。

そうすると、料理しながら、簡単に見れちゃう!
ほら、こんな感じ↓ 写真も意外にきれいでしょう♪

11240002.jpg

料理って、どうしても、「作りやすいもの」ばかり作っちゃう。
私の場合、特に忙しいと想像力が貧困になり、その傾向に陥りやすいようです。
ポトフ、カレー、肉じゃが、おでん、かぼちゃの煮つけ、豚汁などは、我が家ではめちゃくちゃ頻度が高い。

Kindle活用してからは、外食して、これおいしいな~って思った料理などをレシピ検索して、Kindleに送付。
そうすれば、自分のオリジナル料理本のできあがりです。
あと、Coopのカタログに掲載されているレシピを、携帯カメラでカシャっととって、そのままKindle送付なんかもしてます。

こんな風にして、最近増えたマイレパートリーが、
 ・キノコリゾット
 ・やわらか牛スジのビーフシチュー
などなど。どちらも家族に大好評でした!

会社帰りの電車の中で、これまで作ったレシピを閲覧するのもいいですよ~。
2010.11.24 Wed l Kindle l コメント (0) トラックバック (0) l top
前の記事への補足。

[キンドルへのメールでのファイル送付についてまとめ]

なお、本情報はKindleにデフォルトで入っている説明書から得られた情報です。
全てを試したわけではありませんし、私の解釈(英語ですので・・・)が違うこともあるかもしれないので、ご自身でご確認くださね。

各キンドル: 固有のe-mailアドレス(XXXX@kindle.com)を持つ。

【キンドルにe-mailを介し、ファイル送付する際の注意点】
1) 送付元のe-mailアドレスを、Amazon のキンドル登録画面で登録する。
 (スパムメールを防ぐため、ここに登録されたアドレスのみが、自分のキンドルへのファイル送付を許可される。)
2) 送付可能なファイル形式
 ・Microsoft Word文書(.doc)
 ・.txt, .rtf
 ・.JPEG, .JPG
 ・.GIF
 ・.PNG
 ・.BMP
 ・.ZIP(自動で解凍されるみたいです)

3) ファイル送付に伴う課金について
 ・WiFi環境: 課金されない
 ・3G: 通常のやり方で送付すると課金される。

3G+WiFi kindleの場合の無料で送るTips
XXX@free.kindle.comを送る!

(こうすると、WiFi環境で接続した場合にのみメールが受信されるため、課金されないらしいです。)

私の場合、3G機能が付いていないので問題ないのですが、
3G+WiFiをお持ちの方は、ここ重要なポイント↑ですね!
節約、節約!

【今日のまとめ】
① WiFi環境下では、XXXX@kindle.com 宛へのファイル送付は課金されない。
② 3G環境下での受信を避けるには、XXXX@free.kindle.com宛へメールすると良いらしい。
2010.09.14 Tue l Kindle l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。