こころからだあたま。 ちょっぴり仕事
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
3月の出来事を少し書きます。

3月に入って、至急の対応が要求される仕事が続いてました。
3.11の前から、毎日のように、担当する製品についてお役所から照会事項を受けていました。
それに対応するため、ほとんど寝てませんでした。
3.11の前日も、2時間睡眠でした。そして、地震が起きました。

3/12, 13と土日も休日出勤が確定していたので、息子は義母さんに急きょ預かってもらうことになっていました。
3.11の午後、義母さんが早めに保育園に迎えに来てくれて、千葉まで向かう途中で息子は地震に会いました。
40分ほど電車に閉じ込められましたが、特に混乱もなかったとのこと。その後、義母さんと息子は、線路を歩いて電車を脱出し、駅からタクシーで家にたどり着いたそうです・

私は、3.11は会社に泊まりました。歩いて4時間くらいで帰れそうでしたが、仕事も盛りだくさんだったし、息子を迎えに行く必要もなかったので、会社で過ごしました。救急車のサイレンが鳴り響く夜道を歩くのも少し心配でした。
5時頃電車で自宅に帰り、2時間仮眠後、朝9時からグローバルとテレカンをしました。

テレカン後、テレビをつけて、ことの大きさを実感してきました。正直、「仕事をしている場合ではない」とさえ感じました。
厚労省の方からの宿題の提出期限は、週明けすぐでしたが、「きっと延ばしてもらえる」と思いました。
でも、結局提出期限は伸びませんでした。(結果的に、むしろ、タイトになりました。)

繰り返す余震の中、「心に平穏を取り戻し、仕事に集中しなくては」と思いましたが、2日間で4時間睡眠で体力も限界でした。TVをつけても心が張り裂けそうでしたが、TVをつけなくても不安で、TVを付けながら書類を作成していました。里帰り出産した岩手の友人のことも心配でなりませんでした。

そして、3.12夕方、福島原発の水素爆発が報道されました。極度の不安には陥りませんでしたが、情報不足が怖く、TVを消すことができませんでした。結果、仕事の効率が極度に落ちました。

そんな中、会社で同じ製品の対応をしている方たち(そして、厚労省の方からも)の電話やメールが飛び交ってました。出社は不可能だったので、各自、自宅からテレカンなどで進捗を確認しあいました。
寝不足も、地震による疲れも、みな同じだったので、「私だけできません」が許される状況ではなく、半分泣きそうになりながら、仕事を継続しました。

そんな日々が3週間ほど続きましたが、何とか会社として乗り切ることができました。

医薬品は、人の命にかかわる仕事。どんなことがあろうとも、対応を止めることができないことがあるのだな、ということを実感しました。

仕事に没頭せざるを得なかった状況だったので、生活を整えることがおろそかになり、ただでさえ在庫の少ない我が家は物資難に陥りかけました。
幸い、外食系はあいてたので、息子には、晩御飯を「すき家」で勘弁してもらったりしました。

仕事をするって、こういうことなのかなぁと何となく漠然と感じたりしました。

4月になり、仕事も落ち着きを取り戻してきました。
気付くと桜が咲いていました。
1分咲きくらいなのに、すでに葉桜だったので、少し気になりました。

スポンサーサイト
2011.04.03 Sun l ちょっぴり仕事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
転職して、本社サイドの仕事(デスクワーク)になり、メールの多さに忙殺されるようになりました。

メールの絶対量を減らす方法としては、
 1)宛先(to, cc)に入る人の数を減らす
 2)メール自体を減らす
の2点しかないと思います。

最初は、1)の方法で、メールを減らそうとしていたのですが、相手の負担を減らそうと思って宛先から削除っした意図をくみとってもらえず、「自分には報告がないのか」というとある管理職の方から指摘を受けたりしたこともあり、「誤解を招くのはいやだから、悩んだら入れよう」ということにしました。

(私は、正直、特に、上司部下のコミュニケーションにおいて、メールのみにウエイトを置くのは大反対なのですが、ラインマネージャーの中には、『メールでの報告を最重要視して、直接報告に行くと、面喰ったような顔をする』人もいます(元来、F to Fのコミュニケーションが好きでないタイプの方なんですね。))

で、そういうメールコミュニケーションを最重要視している方はさておき、2)のメール自体を減らすには、相手との協力が必要になります。

私は、データマネジメントのHさんとすごく頻繁にやりとりをするのですが、ちょっとした確認事項には、「Microsoft Office Communicator」を使うことで、メールを減らすのに成功しました。
要はチャットなのですが、こまごまとした確認事項を、頻繁にやりとりするのはやっぱりチャットが便利です(相手と気心が知れていることが大前提です。)
たとえば、
「会議設定、どっちがする~?」「じゃ、私がするねー」
「こないだの議事録、見てもらえたかしら・・・?今日中にFIXしたいから。」
「CROからの請求書に、そっちの上司の印が必要だけど、今いる~?」
とか。メールでやりとりしてると、すぐに2通、3通になっちゃうし、電話の場合、席はずしの場合、代理応答する周囲の人にも負担になるし・・・。

チャットの記録を”Save”する時に、”Save As E-mail”を選ぶと、会話の記録がメールが飛んできます。
Outlookと連動もしてて、会議中は不在を知らせる時計マークがついたりして、なかなか便利です。

もちろん、チャット以外に、難しい内容は、電話や直接デスクに行くことは言うまでもありません。
そんなこんなで、細かい課題が解決したところで、結論や要点のみをメールで出す。最終的には、記憶は宛にならないので、文書での記録は重要ですから。

ということで、メール削減にあたっての私のTipsは、
 1)不用意にToを削除するのは危険(メールベースの報告を重視する人が相手の時は、特に注意)。
 2)Communicatorを使える相手を見つけて、チャットを併用する。
というのが、目下の解決策です。
上記以外に、人に相談せず、自分で判断できる範囲を増やしてもらう(デリゲーション)などもメールを減らすための重要ポイントかな。

要は、何かを解決するには、コミュニケーションが必要であるのですが、「お互いの負担を減らすよう、最もいい手段をお互いで考えましょうね」といえる関係を相手と築くのが最も重要とういことでしょうか。

みなさんは、メールを減らす努力で、何かいい案持ってますか~!?
2011.02.15 Tue l ちょっぴり仕事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
熱はすっかり下がりましたが、咳(別の風邪)と、倦怠感は続いております。
あと、背中とか、腰とか関節が痛いです。寝すぎなのかしら。。。

(たくさんお休みしなくちゃいけなくなっちゃうし)今朝、インフルエンザであることを会社に隠しておこうか・・・とダークな考えが一瞬脳裏をよぎったのですが、、、Pandemicなものはしっかりと報告するのがエチケットですね。
家族に新生児や高齢者がいたり、自身や家族に基礎疾患を抱えている人がいる場合には、インフルエンザの人が周囲にいるかどうかなど、とっても重要な事柄ですし・・・。

どのくらい休めばいいのかの目安ですが、学校などでは、熱が下がってから2日間は休み、というところが多いようです(看護師さん談)。
私の場合、咳の風邪を併発していること(インフルエンザウイルスは、飛沫感染する!)から、会社と相談し、水曜日までお休みすることにしました。

昼ごろまでゴロゴロしていたのですが、役所関係の書類のポスト投函、洗濯、食材の買いだし(超重装備でスーパーに行きました)、Coopの注文などをやっていると以外にも一日があっという間に過ぎいきます。

いやはや、ほんと、あっという間。

正月に夫の親戚宅に行った時に、夫の叔母さんより、「仕事もして、育児もして、毎日大忙しでしょう?」と聞かれて、「いえー、それほどでも。夫ともうまく分担してますし、なれますから」なんて(えらそうに!?)答えましたが、家にいて、雑事をやっているだけでも、確かにあっという間に時間が過ぎて、「この生活のどこに仕事が入りこむ余地があるんだ!?」なんて疑問が湧くのが分からなくはない気がするから不思議。

ひとつ言えるのは、やっぱり両方をこなしている時は、エネルギーを投下して、えいやーでやっているのでしょう。仕事、育児に加え、ジムやら英語の勉強やら、読書やら、ネットやらあれもこれもやってて、こうして体に不具合をきたすと、「えらい慌しく毎日送ってるんだなぁ」なんて、自分で笑えたりもします。

さすがに、風邪+インフルエンザ+歳のトリプルパンチで、今朝までは、体が動きませんでしたが、無理矢理でも動き始めると動くもんだから不思議です。

というわけで、日中は、VPN接続して、会社のメールで大事なものに返信したりもしました。
急ぎの案件で、同僚から電話もかかってくるし、若干容赦ないです(苦笑)。私のいない間に、代わりに急ぎの案件を進めてくれてるので、ありがたいですが・・・。

自分は、泳ぎ続けてるマグロみたいなもんだと割り切って、、、でも無理しないように、今日の残りは、ずっと読んでなかった「沈まぬ太陽」を楽しむことにいたします。
2011.02.14 Mon l ちょっぴり仕事 l コメント (2) トラックバック (0) l top
英語のスピーキングには、
 ・きれいに話せること(fluency)
 ・自分で考えた英語を話せること
の2段階があると思います。

前者は、例えていうと、カラオケで上手に歌を歌える、というイメージでしょうか。
後者は、これに加えて、自分で作詞作曲する、という要素が入ってきます。

今日は、「きれいに話せるために」努力した中で、効果的だったことを紹介。(秘策ってほどではないのですが…笑)

ひとことでいうと、
「自分のしゃべりを録音する」

につきるのではないかと思います。

私が使用して効果的だなぁと思った教材は、究極の英語学習法K/H System (入門編)
主に、シャドウイングを練習するための本なのですが、使われる題材は、アメリカ人のゼネラルマネジャーが行った8分程度のスピーチだけ。これを同時通訳方式のさまざまなテクニックを使って、徹底的に学習するのです。

数年前に、"fluency"を向上させようと一年発起し、iPodに教材を取り込み、SONY ステレオICレコーダー/Pで自分の声を録音し、頑張ってみました。

自分の英語を聴くのは恥ずかしいですが、
 発音して、聴いて、改良して、、、
のプロセスを繰り返すだけで、かなり効果ありますよー。

余談ですが、PCに標準搭載されているサウンドレコーダーでも、簡易的に1分くらいの録音なら可能ですので、ちょっとしたすきま時間に、英語発音の勉強ができちゃいます!サウンドレコーダー1
サウンドレコーダー

私はまだ試していないのですが、長い時間の録音なら、超録っていうフリーウエアもあるようです。

実践あるのみ、、、久々にボイスレコーダーを復活させました!





2011.01.11 Tue l ちょっぴり仕事 l コメント (0) トラックバック (1) l top
英語のちからを伸ばすには、
 ・リスニング
 ・リーディング
 ・スピーキング
 ・ライティング
の力を総合的に伸ばす必要があります。

これらの能力は、大きく分けると、以下のように分類されます。
 受動的能力:リスニング、リーディング
 能動的能力:スピーキング、ライティング

受動的能力は、自分の努力で身につけやすいです。
私も洋書を読んだり、英語のオーディオブックを聴くなどの努力で、これらの力は少しずつ伸びてきているように思います。

リスニング・リーディングの能力と比べて、私の場合、スピーキング、ライティングの能力はまだまだです。
「TOEICの点数の割には・・・」という感じです。

ということで、今年は、「スピーキング・ライティング」の力を伸ばすことを意識して取り組みたいなぁと思います。

最近は、パソコンを使った試験で、スピーキング、ライティングも測定できるようなものが、提供されてます。
TOEIC スピーキング・ライティング テスト
GTEC

自分の「現在地」を知ることで、自分にあった勉強スケジュールが立てられるので、そういう意味で試験は有用だと思います。

ちなみに、私は、昨年、GTECを受けて、「ライティング・スピーキング」の能力の現状を実感できましたよー(汗)。
2011.01.10 Mon l ちょっぴり仕事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。