こころからだあたま。 2010年04月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今回は、水ぼうそうに関する私の経験について書きたいと思います。
(あくまで、個人の経験話です。)

母の話では、「tomokoの水ぼうそうは本当にひどかったのよ」ということです。
姉妹3人の中で、私の水ぼうそうはダントツひどかったらしい。

その後、2回ほど帯状疱疹になりました。
一度は小学3年生の時。肺炎を患った年でした。
二度目は6年前。ハードワークによる過労とストレスがきっかけだったと思います。
二度とも同じ部位でした。
その時初めて、「帯状疱疹は、体内に潜伏していたウイルスによって引き起こされる」ということを知りました。
詳細はコチラ

2度目の帯状疱疹は帯状疱疹と分かるまで4日くらいかかりました。微熱が続いて、変な痛みがある。先生に言っても、「インフルエンザの季節じゃないし、軽い風邪ですかね~」とロキソニンが処方されただけ。
でも、風邪の時の節々の痛みとはどうも違う痛みで、ピリピリするような痛みでした。

同僚が、「もしかして帯状疱疹じゃないの?」と言って、あわてて病院を変えたらビンゴでした。
病院の診察室で、先生が「今すぐここで飲んで」とゾビラックスを処方してくれました、
それから、「おかねある?」(薬代1万円かかりました。)
「効かなかったら入院でゾビラックス点滴だからね~」
とも言われました。

幸い、数日で治りましたが、帯状疱疹がおこった部位に、ごくごくわずかですが、今でも痛みが残ってます(いわゆる帯状疱疹後疼痛というものですね。)。
自分の勝手な憶測ですが、私の場合、子供の時かかった水ぼうそうウイルスが強烈で、その後も帯状疱疹にかかっちゃったのかなぁと。

ちなみに、息子には自分のこうした経験もあって、水ぼうそうワクチンを接種しました。
その後、保育園で流行った際に罹患しましたが、水疱化せず、ごくごく軽くてすみました。
ワクチン受けてた効果かなぁなんて思ってます。

それから、最近の研究結果で、「水ぼうそうワクチンが高齢者の帯状疱疹予防にも効果があるかも」ということが示唆されてきているようです。
帯状疱疹予防に水痘ワクチン(日経メディカル)

やっぱりワクチンで防げるなら、それに越したことはないですよね。
日本では、過去にソリブジン事件の歴史などもありますし・・・
スポンサーサイト
2010.04.12 Mon l 医療・お薬・疾患 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。