こころからだあたま。 被災地での出産
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
息子の保育園の友人が3人目の出産に伴い、里帰り中に被災しました。
ご実家のある大槌町は沿岸部にあり、岩手県の中でも被害が最も大きかったところのひとつだそうです。

一昨日、朝の報道番組で友人が取り上げられ、「地震の翌日、無事に出産した」という事実を知りました。
息子の同級生である男の子(4歳)、弟(2歳)も無事だったそうです。
とにかくほっとし、保育園の友人ともども涙が止まりませんでした。
しかし、親戚のお子さんなど4人とおばあちゃんが津波で流されてしまったとのことです。

【Webの関連記事】
【東日本大震災】No.13 被災地、それでも聞こえる新しい生命の息吹

私よりもずっとお若いママさんなのですが、週末の公園での遭遇率が高く、身重の体にもかかわらず、2人のやんちゃな男の子の外遊びにも、笑顔で付き合っていました。
3人目が女の子だと分かった時はとてもうれしそうで、「出産から戻ってきたらまた遊ぼうね」と壮行パーティーをした時は、まさかこんな事態になるとは想像もしてませんでした。
記事の中の「そんな中で、この子が生まれたことを、みんなが喜んでくれた」。優しい笑顔でわが子を見つめる。」を読むと、彼女の優しい顔が浮かんできます。

昨日は寒かったですが、少し厚着をしてなるべく暖房をつけないで過ごしました。
息子も、「○○くんのところは雪が降ってて、もっと寒い。温かいものも食べれてないかもしれないし、お風呂も入れてないかもしれない」と話すと、彼なりに理解しようと努めてました。

心から、無事をお祈りします。
2011.03.18 Fri l こどもとの時間 l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.03.19 Sat l . l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sunshinemum.blog99.fc2.com/tb.php/130-aa314a4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。