こころからだあたま。 一番大事なのは ”経験”
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
あたり前のことなんですが、最近、それを実感することが多いので、改めて書きます。

仕事において最も大切なのは”経験”


この、「経験が大事」というのには、
仕事の内容における経験のバラエティーが含まれることはもちろんですが、
いろんなタイプの人と仕事を経験することも重要な要素の一つだと思います。

ひとりで行う仕事などありませんから、顧客、取引先、仲間、上司・・・こういった中で、いろんなタイプの人と知り合い、ケースバイケースで仕事を進める能力を身につけることが大事だなぁと思うのです。

研究者時代も、自分としてはいろんな人と仕事を行ってきたつもりでしたが、基礎研究から臨床に入ってきて、「研究者時代の人づきあいは楽だったなぁ」と実感する今日この頃です。要は研究者って、分野は違えど、考え方や仕事へのマインドの持ち方が似ていて、そういう意味では、「ハイコンテクスト」な存在といえるのでしょう。

このように箱入り?だった私なんで、今は、仕事面でいかに「ローコンテクスト」な人間関係において、意図を伝え、人を動かすことができるか、が課題です。

こうした苦労も、ひとつひとつ経験となって、自分の糧となっているのだなぁと実感してます。

また、会社としては、効率化等の面から、仕事の細分化、ルーチン業務の外部委託が進んでいます。こうした中で、「いかに幅広い経験を身につけるか」という点に関していえば、本人の心がけと努力が必要となってくると思います。

ちょっと上の世代の方が、10年前くらいを振り返って、「古き良き時代」というのをよく耳にするのですが、「あの頃はなんでも自分たちでやってたもんな~」と言ってます。ルーチン的な業務も多かったのでしょうが、そうした分、多岐にわたる業務に潜む課題を見つけたり、解決する”経験”を積めてたともいえるでしょう。

医薬品開発は、多くの人が多方面からかかわります。当局(厚労省やPMDA)や医師からの問い合わせにうまく答えるには、細かい鳥の目だけでなく、全体を俯瞰する目が必要で、そのために最も重要なのは”経験”だなぁと思うのです。

世の中が、効率化を進めていく中で、天才! 成功する人々の法則で述べられているような1万時間のトレーニングの機会を、いかに自分の経験のバラエティーを増やすかについて、私自身努力していきたいし、そうした取り組みをこのブログで紹介していけたらな、と思ってます。

「自分の所得」=「給料」+「経験という授業料」 



2010.01.25 Mon l 読書 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sunshinemum.blog99.fc2.com/tb.php/45-fbe1e98e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。