こころからだあたま。 とはいっても、経験の機会を得ることは本当に難しい世の中ですね
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
前エントリーで「仕事における経験の重要性」を説きましたが、そうはいっても、なかなか、「経験する機会」を得ることが難しいご時世です。

以前のブログで、書いたのですが、
採用のパラドックス

・経験を得るには、仕事の機会を得るしかない。
・でも、経験がないために、仕事の機会を与えられない。

製薬会社の求人も、新卒での求人は以前と比較するとずいぶん少なくなってきていると思います(きちんとした数字は見たわけではないのですが。)

先日、大学時代の研究室の友人と食事した時も、そういった話になりました。彼女は
外資系のメーカーで、入社時からずっと臨床開発に携わっていて、今もとある製品のプロマネをやっているのですが、
「私が入社した10年前は、会社に高学歴な人が少なかったけど、今は、入社で多いのは東大なんだよ~。研究職としての採用が減ってきてるから、最初から外資で臨床開発を選択するケースが増えてるよね。」

確かに、研究所の閉鎖や企業統合で、薬学部等を卒業しても研究職として就業できる機会が減ってきたため、臨床開発を新卒から選ぶ人が多くなってきたたという事実は否めないでしょう。

これからも研究職としての採用枠が拡大する方向にいくとはまず思えないので、「大学教育の在り方を見直すべきなのでは・・・?」と私は思ってます。

つまり、基礎の研究だけでなく、臨床開発や、薬のマーケティング、セールス、安全性の取り組みなどを、もっともっと授業に取り組んでいくべきでしょう。そのためには、官民の連携が必要だったり、大学で基礎研究ではない「社会系の研究室」を増やしたりする必要があるのではないか・・・。

って話がそれましたが、「経験の機会」を得るために、これから就職する人は、自分で考え、自分なりに行動する必要があるでしょう。

・製薬メーカーに就職の機会が得られなければ、CROでできる経験を積み、キャリアチェンジをはかる。
・製薬メーカーに就職できたものの、望みの仕事内容ではなかった場合は、まずは与えられた分野で経験を積み、社内転職をはかる。

現に、私のいまの職場の仲間は、ずーっと同じ仕事をしている人はほとんどいなくて、MR経験、モニター経験、薬剤師経験、看護婦経験、いろんなキャリアを持つ人がいます。このあたり、外資は、国内メーカーと違って、学歴や出身にとらわれず、人材登用を行っていて、いい風潮だなと感じるところです。

なんか、言いたいことがうまくまとまらないのですが、このことについては、私が感じている大きな課題の一つなので折にふれて取り上げていけたらな、と思ってます。
2010.01.26 Tue l 読書 l コメント (3) トラックバック (0) l top

コメント

ちえぞう
採用のパラドックス、よぉ~くわかります!
私の専門は人事ですが、一口に人事といっても、採用、労務、教育、給与、安全衛生などさまざま・・・。人事のほかの業務をやりたいと思っても、経験がないと転職できず、転職できないと経験できない・・・。

なかなかむずかしいですよね。
2010.01.26 Tue l . URL l 編集
ちえぞうさま。

最初の就職にさえつけない今の若年層には、本当に深刻な問題ですよね。
とにかく、今の仕事で、ひとつでも多くの「経験」を大事にしたいところです。
2010.02.11 Thu l tomoko. URL l 編集
まったく同感です。
以前に、求職したところは、経験もさることながら、
年齢の壁でだめでした。

段々とリミットが切れてきている自分にあせりも
あるのですが、tomokoさんのコメント欄に
ありますように、今の仕事でひとつでも多くの
「経験」を大事にしているところです。

記事のタイトルは、いつも私が思っているところです。
矛盾だらけですよね。本当に、採用のパラドックスだと思います^^:
2010.02.21 Sun l MAO. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sunshinemum.blog99.fc2.com/tb.php/46-a2d13b00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。