こころからだあたま。 ワクチン、受けるか受けないか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先のエントリーからの続きです。
とっても優れたワクチンの本The Vaccine Book: Making the Right Decision for Your Child (Sears Parenting Library)と出会い、これを読みながら、いろいろ考えさせられてます。

親としてとっても悩むのは、子供にワクチンを受けるさせるべきかどうかということろ。

感染すると重篤で、しかもありふれた菌だったら、間違いなくワクチンを受けるでしょう(ワクチンが有効ならば)。

感染してもあまり重篤ではない場合は悩みどころですよね。確率は低いといえども重篤な副作用はゼロではない。その病気で命を落とす確率と重篤な副作用の発現率を比較して論じられるのでしょうが、ワクチンは予防であるため、一個人で考えた場合、その病気になるかもしれなかったかどうかなんて分からないわけです。

ワクチンの重篤な副作用が、万が一の確率で自分の子に起きたら嫌だなぁ・・・なんて考え始めるとやっぱり躊躇してしまうわけです。子供がとっても大切であるから、「万が一」でも絶対に起こってはいけないと考えてしまうのです。

正直、新型インフルエンザのワクチンはあまり受けさせたくありませんでした(なってもあまりひどくなさそうだったから)。だけど、保育園からの要望があって、受けました(結果的には、何にも起こらなかったですが。)

ただ、プレベナーは、もっと早く発売されてたら、2歳未満の時にたくさんかかった気管支の風邪や、中耳炎にならなかったかもなぁ、とも思います。こちらは、結果論なので、実際にかかっていなかったら、「受けなくてもいいや」なんて言ってるんでしょうけど・・・。

あと、国からなくそうと考えている病原菌があれば、自分だけ受けないのは良くないですよね。(結核とかなかなか撲滅できないし。)

あとは、本書にワクチンの賛否の意見がいくつか紹介されてたのですが、その中に面白いのがありました。
「周囲にだけ受けさせて、自分の子に受けさせないのはずるいという考え方もある。
 周囲はリスクをとってワクチンを受けているのに、自分の子はリスクをとらず、しかも、周囲が受けているためにその病気が流行せずメリットだけを享受している。」
と。

はは~ごもっとも、という感じもします。

ワクチンに関しては一概にいい、悪いを述べるのは本当に難しいですが、情報を集め、きちんと判断を下すというのはとっても重要なことだと実感です。
うちの子みたいに、極端に感染症に弱く、長引くと重症化しやすい体質の場合、ワクチンをどんどん受けた方がいいのかしら・・・・・。

2010.03.14 Sun l 医療・お薬・疾患 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sunshinemum.blog99.fc2.com/tb.php/59-b651161a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。