こころからだあたま。 iPad VS. キンドル 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
iPad VS. キンドル 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏 (brain on the entertainment Books)
この本、めちゃくちゃ分かりやすいです。

電子書籍は、まだ一度も利用したことがない私ですが、iPadやキンドルなど、気にならないわけではありません。先日の朝刊で、キンドルとiPadの大きな違いは、「電子ペーパー(E-inkの技術)vs液晶」というのをはじめて知ったくらいですから。完全に出遅れてしまってます。

ということで、この本を読んでみたのですが、ハード(リーダー)、コンテンツの現在、未来に関して、詳しく分かりやすく解説してます。

キンドルかiPadかどちらを購入するかと考えると、私の場合、キンドルかなぁ、という感じです。
キンドルは本を読む専用機器ですが、iPadは大きなiPhoneのようなもので、本を読む以外のことがたくさんできる。
ただ、やっぱり液晶は目が疲れる。
あと、キンドルは、電池の持ちが非常にいいのも魅力(ページの切り替え以外は電池を消耗しないらしい)。
あと、アマゾンで購入するキンドル書籍は、通信料込みというのも魅力。
キンドルで購入することもできますが、パソコンで購入すると、自動にキンドルに本が転送されてくるのですね。
ちなみに、iPadでも、キンドル向けのアプリがあるらしいので、コンテンツとしてアマゾンの電子書籍を読むことはできます。

あと、キンドルは米国の書籍しかまだ販売されてないですが、PDFにすると、日本語も読めるのですね。PDF化した青空文庫や、自分でPDF化した書類なんかも見れる。ただ、拡大等はどうやらできないらしいです。
違いはEPUBかどうかにあるらしい。EPUBを採用しているソニーリーダーが、この点ではキンドルを上回っているような気がします。

ただ、日本はどうなるのか、というのはやっぱり気になります。
すごい速さで英語の書籍が読めるわけではないし、日本に住んでるのでやっぱり日本語中心で読書をしたい。日本の書籍業界にはぜひがんばってほしいところです。

キンドルDXがめちゃくちゃほしい気分ですが、英語の本+PDFを読むだけに489ドルはちょっと高いなぁ・・・。
ただ、英語の雑誌や新聞などもとても安く入手できそうですから(しかも、購入すると、自動的にキンドルに配信されてくる。)、徹底的に英語漬けするという意味ではいいのかも。

iPadかキンドルか、もう少し待つか、悩むところです。


2010.05.09 Sun l 読書 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sunshinemum.blog99.fc2.com/tb.php/67-e4ab674c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。