こころからだあたま。 保育所の認可基準の緩和は保育の質を低下させるのか・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
厚労省方針として、保育所の認可基準の一部緩和が提案されているようです。

毎日新聞の記事より。
保育所:面積、一部で緩和 待機児多い都市部…厚労省方針

上記記事から抜粋
 東京など地価が高く待機児童の多い都市部に限定して、待機児童解消までの一時的措置として、保育室などの面積基準の緩和を認め、待機児童解消を求める自治体側に配慮した。関連法案の提出は来年の通常国会以後になる見通し。しかし、現行基準の維持を訴えている保育団体などから反発も予想される。


認可保育園に待機中の我が家にとっては、朗報と思えるニュースです。
しかし、記事の中で懸念されているように、実際に反発の声も上がっているようです。
保育基準低下させるな 保護者・職員が国会要請

はたして、「面積、園庭の設置等に関する保育所の基準を緩めること=保育の低下」と、頭ごなしに考えていいのでしょうか。

今、私の息子は、認可ではなく、認証保育園に通っています。以前は、すごく広い認可保育園に通っていたので、正直、都会の、園庭もない、狭い保育所に子供を入れることに若干心配がありました。

しかし、通い始めて、その心配は吹き飛びました。毎日、様々な公園に行き、園庭代わりに遊んでいます。園でのすごし方も創意工夫が見られ、子供は本当に毎日楽しんで通ってます。先生方は若くてもプロフェッショナルで、私たち保護者とのコミュニケーションを大切にしてくれるので、助かってます。

私たち夫婦も、子供も、園がとっても気に入っているので、もしも、来年、抽選にもれて待機児童になったとしてもこの園だったらいいか、って思って、とっても気が楽になってます。

このまま通うことの懸念としては、
1)認可園との保育料の開きが大きい(認証も、年収に応じて区からの補助を受けれますが。)
2)園児の構成が、待機児童が多い0~2才児が中心のため、年齢が進むと同年代の遊び仲間が減ってしまう。
ということです。

だから、もしも今の園が認可園と認められれば、そのまま通う子が増えるだろうから、上記懸念事項の両方が解消され、我が家にとってはとっても朗報なのです。
もしくは、認可園にしなくとも、池田信夫さんの記事にあるような保育バウチャーを認めて、認可園との差額をゼロにしてほしいというのが希望です。

実際、今の園に通っている方の中では、毎月届く認可園の入園不許可通知がくると、内心ほっとするといってるくらい、園を気に入っている方もいるくらいです。
(補助を受けるためには、認可園に待機登録をすることが条件であり、園の入園が許可されて入園を断ると、補助金の対象外となってしまうのです。)

確かに、緩和しすぎることは問題なのでしょうが、待機児童問題解消へ一歩前進するためには、規制緩和、もしくは、保育バウチャーの拡充は必要だと思うのですが。。。
2009.11.06 Fri l こどもとの時間 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sunshinemum.blog99.fc2.com/tb.php/8-8369b977
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。