こころからだあたま。 PleasureとEntertainment
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
Kindleを手に入れて最初に購入した本がEat, Pray, Love.

ジュリアロバーツ主演「食べて祈って恋をして」の映画も見ました。
映画もとても面白かったのですが、「One Woman's Search for Everything Across Italy, India and Indonesia」と副題にあるように、”Everything”を知りたい方は、ぜひ「本」で読むことをお勧めしま~す。

ちなみに、通勤時に読み始めてかれこれ2カ月近く。
ようやく”インドネシア”まで到達たところですが・・・。
翻訳書も出てます!食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探究の書 (RHブックス・プラス)

本書は、イタリア、インド、インドネシアの3パートの旅に分かれており、それぞれが36の章から構成されます。
著者とは年代的にも同世代というせいか、かなりのトピックが私のツボにはまっております。

そんな中で、21章の”Pleasure”と”Entertainment”についての記述についてはいろいろ考えさせられました。

一部抜粋。
*************************************************
Generally speaking, Americans have an inability to relax into sheer pleasure.
Ours is an entertainment-seeking nation, but not necessarily a pleasure-seeking one.
Americans spend billions to keep themselves amused with everything from porn to theme parks to wars,but that's not exactly the same thing as quiet enjoyment.
......Americans work harder and longer and more stressful hours than anyone in the world today.....Alarming statistics back this observation up, showing that many Americans feel more happy and fulfilled in their offices than they do in their own homes.
....Americans don't really know how to do nothing. This is the cause of that great sad American stereotype-the overstressed executive who goes ton vacation, but who cannot relax.
*************************************************
日本人が最もあくせくしてて、リラックスするのがあまりうまくないのかと思いきや、アメリカ人(著者)からみたアメリカ人も同じような感じなんですね。

一方で、イタリアはというと、
*********************************************************
Bel far niente(イタリア語) means "the beauty of doing nothing" ... Italians have traditionally always been hard workers, ...But even against that backdrop of hard work, bel far niente has always been a cherished Italian ideal.
The beauty of doing nothing is the goal of all your work. the final accomplishment for which you are most highly congratulated. The more exquisitely and delightfully you can do nothing, the higher your life's achievement..... There's another wonderful Italian expression: l'arte d'arrangiarsi-the art of making something out of nothing
***********************************************************

それに対して、著者は、
************************************************************
For me, though, a major obstacle in my pursuit of pleasure was my ingrained sense of Puritan guilt. Do I really deserve this pleasure? This is very American, too-the insecurity about whether we have earned our happiness.
*********************************************

私を含め、多くの方が著者と同じように感じるのではないでしょうか。
(文化、宗教、風習、家族など、理由は異なるかもしれませんが。)

それはそれでよいと思います。今から、根こそぎイタリア人のようになることはできないし(笑)。
ただ、stressful な環境にさらされることが不可避である環境下では、、”Pleasure"とは何か?面白いだけでなく(entertain)、心から楽しめているか(pleasure, enjoy)?ということを意識することで得られる精神的な効果は高いように感じます。

仕事や育児は時間的制約を大きく受けます。さらに、会社勤めをしていると、機密や規則など守るべきことが多く、そういう意味では自由度は低いです。有休も消化できず、Entertainmentに割ける時間も少ないです。

だけど、”Pleasure”だったら、自分の考え方次第で見つけられそうな気がします。
というか、”Pleasure”を感じることが少なくなると、精神のバランスが崩れてしまうような気がします。

いろいろな方のブログを拝見してて、「Pleasureを感じるのがとても上手な人だなぁ」と思う方がたくさんいらっしゃいます。私みたいにこんな小難しいこと考えなくっても、自然体でPleasureを感じる感性があれば、すっごくらくーに、ゆるーく生きられるのでしょうね(笑)。

**********************************************
"How do I define pleasure?"
"What would you enjoy doing today? What would bring you pleasure right now?"
With nobody else's agenda to consider and no other obligations to worry about, this question finally became distilled and absolutely self-specific.
***********************************************

さあ、日々の生活で、たくさん”Pleasure”をさがしましょう!


2010.11.15 Mon l こころにいいこと♪ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sunshinemum.blog99.fc2.com/tb.php/90-20207abe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。